中古車の買取額が基準相場だけでは決まらない理由

 

 

「相場があるのだからどこで車を売っても買取額は変わらないだろう」

 

あなたはこのように思ってはいないでしょうか。

 

たしかに中古車の買取相場はあり、買取店はその相場価格を元にしていることは間違いありません。

 

しかし、お店ごとに「買取後の販売ルート網」「販売回転率」「客層」「買取にかけるコスト」などは異なります。

 

その差が見積額と、実際の買取額にあらわれることはよくあることです。

 

 

 

買取価格に影響するコスト・販売力・キャンペーン

 

中古車の査定基準価格は、『一般財団法人 日本自動車査定協会』(JAAI)により設定されています。

 

買取店はこの基準額を基本に金額を算出するため、ベースとなる買取額に大きな差は生じません。

 

ただし、【査定基準価格 - 買取にかかるコスト - 調整額】となることから、お客さんへの見積提示額は変化します。

 

人件費や整備費用、出張買取費用などが多ければコストは高くなり、利益幅を大きくする意図があれば、その分だけ実際の買取額からマイナスされることになります。

 

また重要なのが、買い取った中古車を売るための販売部門の強さです。

 

自社の販売店や提携店の販売力が強く、回転率が高ければ、その分安く買い取っても台数を売ることで利益を確保することが可能だからです。

 

さらに、その店舗が買取強化キャンペーン中だったりすれば、プラスの査定が期待できることにもなります。

 

 

 

同時に多数の業者に見積をかけるなら

 

以上のような事情から、同じ車種・年式・走行距離のクルマでも会社によって査定額の違いが生じることがあります。

 

ですから、車を高く売りたい場合はより多くの業者から見積もりを取るべきだといえます。

 

そのときに利用したいのが一括査定サービスです。

 

10〜20社に同時に見積もりをかけることで、数万円から数十万円の差額が出ることも珍しくありません。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!