車売却するときの自動車保険の取り扱い

 

車を買い換えたり売却するときに気になるのが、「加入している自動車保険をどうしたらいいのか」ということです。

 

新しい車に乗り換えるだけなら、単純に車両入れ替えすればいいのですが、

 

解約するが、もしまた車を買ったときに等級はどうなるのか?

 

自分の保険契約をだれかに譲ることは可能なのか?

 

など、疑問に思うこともあるかと思います。

 

 

 

自賠責保険の場合

 

自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。

 

このうち自賠責保険は加入が義務付けられていて、通常クルマを購入したり車検を依頼したお店で加入・継続の手続きをしてくれます。

 

この自賠責保険料については、車を売却する際には「売買代金に込みで扱われるもの」になります。

 

ですから車を手放すときに、自分でする手続きについて考える必要はありません。

 

また、廃車した場合には、支払い済み保険料が日割り計算で計算されて返金される仕組みになっています(一ヶ月以上の残期間ある場合)。

 

 

 

任意保険の場合

 

任意保険の場合は、ケースによって対応・手続きが変わってきます。

 

主に起こりうるケースには

 

1.車の入れ替え(買い替え・個人取引)

 

2.名義変更(車を譲る・家族間での運転者の変更)

 

3.車を手放す(売却・廃車)

 

の3種類があります。

 

車の入れ替え

保険の対象となる車両を変更する手続きが必要になります。

 

それにともない「車両保険金額の変更」「各種特約の変更(新車特約など)」などが発生することがあり、多くの場合支払い保険料の変更にもつながります。

 

名義変更

自動車保険契約の名義は家族間で移動することが可能です。

 

そうすることで保険料に影響するノンフリート等級を維持することができます。

 

本人は運転しないが、家族が運転し続ける場合は、名義変更の手続きを行うことになります。

 

車を手放す

車を手放す場合には、保険契約は解約しなくてはなりません。

 

このとき、「いずれまた車を所有するかもしれない」「家族が車を購入して保険加入する可能性がある」という場合には、『任意保険の中断』をしておくといいでしょう。

 

「中断証明書」を取得して任意保険の中断しておくことで、再開時に以前の等級を引き継いで保険契約を開始することができます。

 

※未加入期間中に等級が上がることはありません。

 

 

 

最後に

 

今回説明したいずれのケースも、別の特殊なケースであっても、自動車保険に関わる手続きの必要性があるときには、まず保険会社(代理店)に相談しましょう。

 

「家族間の契約移行」や「保険の中断」については知らない人も多いですが、利用することで保険料を抑えることが出来る有効な手段です。