チョコレートとその歴史

チョコレートとは南米原産のカカオを原料とするお菓子です。
古来アメリカ大陸では、カカオはトウモロコシと並んで神聖な食べ物として珍重されてきた歴史があります。


これがコロンブスのアメリカ大陸発見により、ヨーロッパへともたらされその後デザートやお菓子の原料として発展した後、日本を含むアジア諸国へともたらされた歴史があります。

固形のチョコレートとして、直接食べる以外にも、過熱すると融解するという性質を活かして飲料としても人気のある食品となっています。

日本にも江戸時代に長崎の出島に伝来して以来、すぐに江戸や大阪へと拡散し、既に明治時代にはポピュラーな西洋菓子としての地位を築いていたことでもその人気の程が伺えます。

スイーツのギフトに関する情報をご覧ください。

西洋由来の食品としては珍しく、色を表す表現として日本語の中に溶け込んでいることも無視できない特色となっています。チョコレート色といえば、濃い茶色で奥行きのある深い色合いを想像できるように、多くの日本人にとってとても馴染み深いものとなっています。


食品としては、豆が原料であり、加工のときに大量のバター等の動物性の脂質が添加されるため、カロリーの高い食品としても有名です。冬場には体を温める効果が確認されているため、ホットドリンクとして飲まれることもあり、健康食品としても愛用されてきた歴史のあるものです。
近年では、中国等の新興諸国での需要の高まりにつれて、国際的な取引価格の上昇が顕著となっています。